可愛い自宅の犬に手作りご飯を作りましょう

こんなお店で購入したい

家族同然に犬を飼う人が増える中、販売店においては見物することで癒しを求める人が増えています。しかしながら見物される犬の中にはストレスによって病的状態に陥っていることも少なくなく、購入する場合はその見極めが大切です。販売店の衛生面や犬の表情や行動など、健康面に配慮されているかチェックします。

メインは肉又は魚

ペットフード

食べてはいけない物に注意

愛犬に手作りご飯を与える方が増えていて、レシピ本も販売されています。ハート型など見た目も工夫するなど、愛情たっぷりの手作りご飯が目立ちます。種類は主に年齢別に分けられ、子犬から老犬までそれぞれの年代に合わせて作ることが理想です。作り方は主に、蛋白質をメインに野菜と炭水化物を加えて作ります。蛋白質は動物性蛋白質が理想で、脂身の少ないものを選びます。肉は犬本来の食事とも言え、理想的です。魚も昨今注目され、積極的に与えてよいとの声があります。野菜は蛋白質よりは少なめに、子犬の時期や老犬の時期は控えめにすることが理想です。体調を整える目的程度に与え、他の栄養素の吸収を阻害しない程度に加えます。炭水化物は米や小麦にアレルギーがないか調べてから与えたほうが無難です。昨今はアレルギーを持つ犬が少なくなく、それに対応した手作りご飯のレシピも考案されています。以上の素材がそろったら、十分加熱してある程度冷ましてから与えるようにします。注意点は食べてはいけない物についてで、代表的なものは玉葱などの葱類の他に香辛料や鶏肉など鋭い骨やチョコレートなどが挙げられます。他に、人間用に加工された食品は塩分など犬にとっては過剰になる内容の物が多く与えないほうが無難です。菓子類はつい与えてしまいがちですが、甘いものはお腹の中で発酵しやすく鼓腸症など危険な状態に陥ることもあるので注意します。おやつ与える場合も手作りご飯に倣って犬用に作った物を与えるほうが望ましいです。